• 心援隊とは?
  • 活動状況
  • 義援金について
  • スタッフの募集
  • お問い合わせ
  • 心援隊ブログ
新プログラム追加&申し込み締め切り延長のお知らせ
ボランティア募集&寄付のお願い
『夏休み 疎開・保養プロジェクト』報告書ができあがりました!

【参加者募集中】3/26~4/1 春休み 疎開・保養プロジェクト(大阪)

2017年『春休み 疎開・保養プロジェクト』の募集を開始します。


—–
心援隊☆春休み 疎開・保養プロジェクト(大阪)

2011年3月の東日本大震災及び、福島の第一原子力発電所の事故から6年が過ぎようとしている現在も、
東北や関東では未だ多くの方が不安な生活を余儀なくされており、
わが子の健康や未来を不安に思う親御さんも少なくありません。

そんな不安から開放され、親子で心身の健康を取り戻し、
また、安全な地への避難・移住への足がかりになればと思い、
この春休みに、17回目となる『疎開・保養プロジェクト』を開催いたします!

プロジェクト中は、自然の中で思い切り遊ぶことができたり、
子どもたちの喜ぶイベント、支援者・移住ファミリーとの交流会など、
色々なプログラムをご用意してお待ちしております。

「とにかく子ども守りたいねん!」その思いだけで活動を続けています。
短い期間ではありますが、きっと安心して楽しく保養して頂けると思います。
どうぞご参加ください。


1) 実施期間
2017年3月26日(日)~4月1日(土) 6泊7日


2) 滞在場所
大阪府内(参加決定後本人にお知らせします)


3) 募集定員  3家族程度


4) 募集対象者
東北及び関東の放射能への不安を抱える子どもさんのいるご家族
全日程参加可能で、全てのプログラムに原則参加可能な方


5) 参加費について  
1.ご自宅から大阪への交通費は自己負担でお願いします。

2.プロジェクト期間中の宿泊費・食費等は基本無料です。
※滞在中、独自で行動された場合の交通費などについては自己負担ください。

3.期間中、楽しんでいただける様に企画したイベントに多少の参加費をいただく場合があるかもしれません。ご了承ください。


6) プログラム(予定)
・歓迎イベント・外遊び・遠足
・たこ焼きパーティー・親子ワークショップ
・支援者や移住ファミリーとの交流会
・避難相談、移住相談(随時)他
(都合によって開催できなくなるものもあることをご了承ください)


7) 申込方法
※全て必須項目です。不足していると選考できない場合もあります。
※選考のため、担当者から全員に電話をさせていただきます。
1.参加者氏名(フリガナ)、年齢(就学児は学年も)、性別(参加者全員)
2.住所、メールアドレス(PCからのメールを受取可能なもの)、電話番号(必ず連絡可能な電話番号をご記入ください)、電話連絡可能な時間帯
3.参加しようと思う理由(お子様の健康状態、自宅付近の環境など)
4.相部屋が可能かどうか
5.その他特記事項(アレルギー・病歴・障がい等・その他)
以上をメールかFAXにてご連絡ください。
(メールの場合件名に「春休み疎開・保養プロジェクト申込み」とお書きください)


8) 応募締切   2月25日(土)
※先着順ではありません。
応募者が定員を超えた場合は、参加される理由・家族構成などを考慮の上選考させていただき、決定させていただきます。


☆個人情報について
・プロジェクト中に写真や動画の撮影をします。
撮影したものは、今後の活動報告や資料として、報告書・HP・ブログ等に掲載させていただきますのでご了解をお願い致します。
※個人情報につきましては、写真も含めて、第三者等への流出は致しません


◆お問合せ
復興支援NGO「心援隊」
「心援隊☆春休み疎開・保養プロジェクト」担当 夏村ゆみ
電話:06-6476-9050 FAX:06-6476-9051
メール:info@shinentai.net
Twitter:http://twitter.com/_shinentai/
ブログ:http://ameblo.jp/shinentai/


主催:NGO心援隊
協賛:大阪御堂筋本町ロータリークラブ・大伸ビルマネージメント株式会社・株式会社大丸松坂屋百貨店・Panier~パニエ~・美容室Luft・ヒロコーヒー伊丹いながわ店・みずほトラベルサービス株式会社・森源太
協力:みのおアジェンダ21の会・みのおエコクラブ・日本志喜彩塾・チームまっぺあ

☆チラシはこちらから
『春休み疎開・保養プロジェクト』チラシ







最近の活動報告

心援隊は日本を、東北を、福島を救います。

現在の心援隊の主な活動状況です。

チャリティ路上ライブ情報
募金活動
保養・疎開プロジェクト
受け入れ活動
放射能対策プロジェクト
福島復興プロジェクト
▲このページのトップへ