• 心援隊とは?
  • 活動状況
  • 義援金について
  • スタッフの募集
  • お問い合わせ
  • 心援隊ブログ
【参加者募集開始】夏休み 疎開・保養プロジェクト(大阪)
ボランティア募集&寄付のお願い
『夏休み 疎開・保養プロジェクト』報告書ができあがりました!

【ブース出展】5/28講演会  第5回『生まれてきてくれてありがとう』

ありがたいご縁をいただき、
5/28(日)に開催されるイベントに、
心援隊としてブース出展させていただくことになりました!

講演会  第5回『生まれてきてくれてありがとう』
https://www.facebook.com/events/252545881864761/

スタッフの皆様、ありがとうございます!

参加予定の皆様、心援隊ブースに足を運んでいただけると幸いです!

—–
◆開催概要

講演会  第5回『生まれてきてくれてありがとう』

【講演】
いけがわクリニック院長 池川明氏

*胎内記憶とは?

*全て選んで生まれてくる
・親を選ぶ 子を選ぶ
・不妊 流産 死産
・心やカラダに個性をもって生まれてきたこどもたち

*自分の魂と会話する

休憩

【トークセッション】
スペシャルゲスト昇幹夫先生を交えて対談コーナー

【エンディング】



【開催日】
2017年5月28日(日)

12時開演(11時開場)

16時終了予定


【場所】
大阪市立阿倍野区民センター大ホール
大阪市阿倍野区阿倍野筋4-19-11


【参加費】 
大人前売り 3000円 大人当日 4000円
小中学生  1000円
未就学児  無料(基本お膝の上で聞いていただきます。ひと席必要な場合は1,000円)

 * * *

このイベントは参加ボタンだけでなく、こくちーずからの申し込みが必要です。
http://kokucheese.com/event/index/448900

『お母さんを選んで生まれてきたよ』

これは、たくさんのお子さんやお母さんの聞き取り調査し、アンケートの結果を集めて発表された、産婦人科医池川明先生の研究発表「胎内記憶」の中の言葉です。

じゃあ、子どもが欲しい!と思っても来てくれないと言う女性は選ばれてないの?
母になれない女性はだめなの?
パートナーはどうなの?女性だけのせい?

と言う声を聞くことがあります。


お母さんとなる前に、1人の女性。お父さんになる前に一人の男性。
そしてその前に1人の赤ちゃんとして私たちは生まれてきました。

赤ちゃんの前に1つの魂。 光の魂 なのです。


そのカラダを通して、いろんな感情を味わいたくてこの世に生まれてきている私たち。

女性として生まれてきたからには子どもを産みたい方も、子どもは産みたくない方もいらっしゃいます。それはイメージ通りでもあり、現実は想い通りではなかったり。

その現実とのギャップに苦しんでる方も多くいらっしゃるようです。



子育て中のお母さんも、お父さんも。独身の方も、お子さんがいない方、子育てを卒業した方、おじいちゃん、おばあちゃん、老若男女みんなみーーーーーんな。

誰でも最初は出産(生まれてきた)を経験してきています!

今回のテーマは『自分らしく生きる』



見送る命も 待つ命も 出会う命も


全部全部ギフト

池川明先生のお話にヒントがあります。


トークセッションでは日本笑い学会副会長の産婦人科医、昇幹夫先生とアットホームな感じでお話していただきます。また、質問にも答えていただく時間も設けております。申し込みの時に質問の所にご記入ください。時間の都合上全てには答えれませんのでご了承ください。

 * * *

【お子様のお預かり】
託児のお申し込みは定員に達しましたので受付を終了させていただきます。
この講演会は親子で聴いていただくことができます。

お子様と一緒に会場で聴いていただく場合は、事前にお子様とよく話をしてください。どんな所にいくのか、お母さんやお父さんがとっても聞きたいと言う事をお願いされるのはいかがでしょうか?お子様を一人の人間として向き合う時間を設けてくださいね。
親子席はブルーシートを敷いております。ひざ掛けやクッションをご持参いただいても結構です。


申し込みが携帯メールの場合は、自動返信メールが届かない場合がありますので、設定をパソコンメールを受信できるように、またはパソコンメールからの申し込みをお願いします。1日たっても返信のメールが届かない時は、下記アドレスにお問い合わせください。また、


【問い合わせ】
Angeltip 藤原(ふじはら)
メール:angeltip731@gmail.com

最近の活動報告

心援隊は日本を、東北を、福島を救います。

現在の心援隊の主な活動状況です。

チャリティ路上ライブ情報
募金活動
保養・疎開プロジェクト
受け入れ活動
放射能対策プロジェクト
福島復興プロジェクト
▲このページのトップへ